ヤサカ小町のブログ

ヤサカ小町のリアルな日常をお伝えします!

こんにちは!ご無沙汰致しまして申し訳ございません・・・帰ってきたヤサカ小町でございます(`Д´)ゞ

実は某ブログでお馴染みの、I課長に触発されてしまいまして、小町ももっとブログを更新して行こう!!

と、気持ちを奮い立たせている次第なのです(`▽´)/

先日一人旅をされた友達が少ないとウワサの誰かさんには・・・決して負けません!!

何を持って勝負かは分かりませんが、今後は頻繁に更新していきますので、皆様、心機一転の小町をどうぞ温かい目で見守ってやって下さいヾ(´ε`*)

さて、小町は実は今後この場を借りて色々なコーナーを作っていきたいと思っています。こっそり・・・えぇ、編集長にも内緒です(*´Д`*)I課長ばりの奔放感を発揮していきます☆

まず、第1弾・・・

『小町ぶらり歩き』

きょおと〜お〜はらさんぜんいん♪


小町の美声をお届け出来ないのが残念です。小町も何を隠そうI課長ばりのお一人様でございます。先日、大原に行ってきました。えぇ、一人で(*´Д`*) 上の写真は、聚碧園を客殿ごしに撮ったもの。その後、建物内撮影禁止の張り紙を見つけました。紅葉前の平日でとっても空いてたから誰も見てなかったの (*゚▽゚)

三千院は、比叡山延暦寺を開かれた伝教大師が東塔南谷に草庵を開いたのに始まり、古くは東坂本に里坊がありましたが中世以来、寺でらを管理するために大原に政所を設けたのが前身です。「修行僧は紅葉と和し、青苔に融け、一枚の散る紅葉と青苔とが一つになって同化し自分の心にとけ込んでいく心境づくりをするのであります(一部略)」と伝教大師の言葉があります。庭は心の修養の道場ということだとか。小町も一つ、心の洗濯をしてまいりました。


和尚!お帰りやす!

綺麗な境内は、朝早くから和尚さんたちが掃除をしているのだそう。小町は燃え盛るような紅葉も好きですが、シーズンの人混みが少々苦手。このような日の方が、ゆったりと流れる時間を感じることが出来て好きです。

「もうすぐ忙しくなりますね〜」

とお茶を入れて下さったアルバイトのお母さんに声をかけると、

「お姉ちゃん、一人で来はったん?」

えぇ、ほっといて下さい(≧▽≦*)/


で〜〜ん。もう名物と言っていいと思います。参道のお店にいるネコ。


参道の途中にある1万本のコスモス畑。


傾き始めた日に照らされて、もうすぐ沈む夕日を名残惜しんでいるかのようでした。

大原は京都市内と観光地とは別世界のような気がします。棚田を山々が囲み、三千院や寂光院のほかにも、ちょっと足をのばすと農作業をする住民の方がいらっしゃったりして、素敵な風景を望めます。大原に、あなただけの景色を探しに行ってみてはいかがでしょう(´- `*)

三千院へのアクセスはこちら


I課長すみません・・・実は3人でした(*゚▽゚)
 

- - -

- - - - -