ヤサカ小町のブログ

ヤサカ小町のリアルな日常をお伝えします!

こんにちは!

ヤサカ小町です。



楽しい楽しいシーズン到来。



お祭り・花火・海・バーベキュー・ビアガーデン・高校野球



夏らしいこと、ぜーんぶ楽しみたいですね!
ってワクワクしている間に毎年夏が終わっちゃうんですよね。



とりあえず「海」やっつけました★
↓↓↓




日本海です!

キレイですね~。

海の家からは夏らしい音楽♪

思わずいか焼き注文♪

ものすごくお腹減ってたのもあって美味しい~~☆



食べ終わって日焼け止めを塗っていると雷がゴロゴロなり始めました。
小さいお子さんと一緒に来ているご家族はそそくさと帰り支度を・・・。
次第に稲光が海の向こうに見え始め、
ポツポツ降って来たと思ったら、いっきに大降り!!

近くの知り合いのお宅に急いで避難して、そのまま帰路に就きました。

海への滞在時間1時間30分ぐらい。



でもやることやって帰ってこれたしいっか♪
(やること=海の家でイカ焼きを食べること)

日焼けもしなかったし。





お次の夏らしいこと、何しようかな♪

こんにちは!

ヤサカ小町です。






祇園祭終わっちゃいましたね。

毎年、宵山・宵々山のときはまだ梅雨が明けてなくって、雨に見舞われるのが普通でしたけど、今年は見事梅雨明けして暑かったですね。

そして週末晩とあってすごい賑わいよう。こんなにも人がいるのかってぐらい歩行者天国の四条~通烏丸通など人でいっぱい。とにかく人の多さに「すごいな・・すごいな・・・・」と驚いていましたが、鉾が見えるとやっぱり素敵!コンチキチンの音がなっていて暫く見上げていました。

商業ビルに並ぶぐらい鉾頭は高くて圧倒されますよね。



毎年行われる歴史的なお祭りやイベント。
どんなに騒々しくても、間違いなく毎年季節がやってきて、毎年それらが行われることにホッとします。



来月は五山の送り火。

京都は特に、季節の風物詩的な行事が多いので良いですよね。





四季を感じることは日本のこころ。

そう思って暑い日を乗りきろ(`△´)

こんにちは!

ヤサカ小町です。



先日、会社の人たちとみんなで甲子園に行ってきましたよ♪



実は私はサッカー一家に育ったため、野球についてはルールでさえ疎かったのです。
が、ネッツヤサカベースボール倶楽部の取材に行くにアタって、プロ野球で勉強をしていたんです!

そしていまや阪神ファン(^^)
“にわか”ですが・・・。







わ~い、お祭りみた~いっ。(京都でも祇園祭やってますがな~)
球場の客席を見れば当たり前だとは思うのですが、人の多さに圧倒されました。







×巨人戦っ!

私たちが座っていたところはジャイアンツファンより。でも甲子園とあって阪神ファンも入り混じっていて割りと居心地良かったです♪

そして生で見る応援合戦(^^)
バッターボックスに立つ選手によって変わる応援歌。
お、覚えた~いっ!

選手も生で見れて興奮したけど、さすがに表情まで見えないですね(^^;



第一球、鶴選手が投げた瞬間・・・

「はやっっ!!」



遠目でも生で見るとすげぇ(☆Д☆)






ラッキーセブンの風船ですよ。
もちろん参加です。





わぁぁ~~~☆





ひやっとする場面もありつつ、
勝って良かった~!



行き帰りの電車は少~ししんどくはありましたが、
また行きたい!



このデビューを期に、どっぷり阪神ファンに浸かりそうです(人´v`)*゚

こんにちは!

ヤサカ小町です。





以前お話しました、大河ドラマ、順調にDVDを進めております。



それで、せっかく京都にいるのだから歴史と縁のある場所へ行きた~い!!っということで、先日、伏見の寺田屋に行って来ました♪



皆さんご存知、坂本龍馬が襲われた船宿でございます。



“京へ来たなら一度はお寄り伏見寺田屋 坂本龍馬 昔白刃の裏梯子”

薩長連合に東奔西走する坂本龍馬先生は、当時幕府のお尋ねもので、新撰組が徘徊する京の街では命を狙われる存在となっていました。その龍馬さんをかくまったのがこの寺田屋の女将・お登勢さん。のちに龍馬さんと結婚するお竜さんはこの女将の下で働いていました。
慶応2年。この寺田屋で補方に襲われそうになった竜馬さんですが、お風呂に入っていたお竜さんが補方の足音に気付き、裸のまま2階の間に居る龍馬さんに危険を知らせたと言われていいます。
その時にお竜さんが風呂場から駆け上がったのが“裏梯子”。
龍馬さんは、用心棒として長州から名を上げた三好さんと二人で応戦し、命さながらなんとか逃げきり、少し離れた小屋で薩摩藩の人たちから保護されました。

(今回はあまり調べずに私の記憶から書いてますので、誤りがあれば悪しからず・・・)





ここが梅の間で、龍馬さんが泊まった部屋なのだそう。
この窓から外を眺めては新時代への思いを馳せていたのでしょうね。

柱には刀跡や銃弾の跡が生々しく残っていました。

なんだか同じ空間に龍馬さんらぁがいたと思うとすごい!!







出口から外にでると、緑多い中に石碑があります。
ベンチが並んでいるので座って一休み。





この寺田屋は、現在も宿泊出来るそうです!
チェックインが見学施設として閉館したあとの18:00(門限20:00)。
チェックアウトは9:00。
建物内、酒、食品の、持込禁止。
全館禁煙禁酒。
素泊まり6500円。

って、門限がある上に食品持ち込み禁止なんて、私は楽しめないかも・・・。





龍馬通りなるものがっ!!





龍馬ビールなるものがっ!!





きゃ!素敵な看板発見☆

伏見はお酒も有名ですもんね!酒蔵が並ぶ風景素っ敵~☆





↑↑ドンっ!!

なんかテンションあがってしまい・・・



にゃは☆

地ビールだそうですよ。

天気が良くってめちゃめちゃ暑かったんですよ。だから↑いいのです☆





龍馬さんの縁の深い場所にも行けたし、その歴史の欠片に触れることが出来たし、伏見の酒蔵風景の中を歩けたし、テラスの木陰で地ビール堪能出来たし・・・・

最高の休日なのでした♪

- - -

- - - - -