ヤサカ小町のブログ

ヤサカ小町のリアルな日常をお伝えします!

こんにちは!

ヤサカ小町です。


お久しぶりになってしまいました(/>_<)


今日は良い感じのお店を紹介させて頂こうと思います♪


松ヶ崎駅すぐ、北山通り沿いにあるお店『Wine・Cafe Pino』さんです!
ワインの種類が豊富なイタリアンレストラン。



私は3度ほど訪れたことがあります。
店内もお洒落で良い感じ、お料理もお酒も美味しく頂けるのですが、何よりスタッフさんが素敵♪

テーブル上に関しても気が利くのはもちろん、お料理やワインについてのアドバイス知識が豊富で、さらに気さくに世間話までして下さいます(^^)





お向かいぐらいにある同系列のフレンチレストラン『SARUE』(サリュー)さんも一度訪れたことがあります♪

カジュアルフレンチレストランということですが、さすがフレンチ!という雰囲気もあるので、庶民の私的には特別な日に訪れたい感じ(*゚▽゚)
前菜も見たことがないぐらいお洒落で、メインはコレでもかというほどガッツリ。デザートの前にハーブティーを出して下さるのですがコレがスッキリしてて美味しい!デザートと一緒に頂いたホットコーヒーも期待を裏切らず。



もうすぐ松ヶ崎のブライダル通りはイルミネーションの時期を迎えます♪
そんな夜景を眺めながらのディナーなんて超素敵(人´v`)*゚





どちらかというとPinoさんの方が普段使い出来そうなお店。
ワインがお好きという方は是非一度。

ランチ使いも良いかも♪





今日はちょっぴり大人なグルメレポートをお届けしました!



Wine Cafe Pino
SARUE

見ました?映画『モテキ』



あ、

すみません、



こんにちは。

ヤサカ小町です(*’-’)





私は先日映画館に行って見てきましたよ♪

原作は漫画ですが、元々のドラマはテレビ東京で放送されていたためこちらでは見れなかったので、DVDを借りて見ていた作品だったんです(´ε`*)

そのときから結構ツボにハマりまして、映画化と知ってこれは見ないと!ということで。



ストーリーやキャラクターも面白いのですが、
劇中に流れる音楽が最高にツボ!



主人公のサブカル系草食男子、藤本幸世が
「しにたいしにたいしにたいしにたい・・・・・!」
とフェスで疾走する場面が始めの方にあるんですけどね、

そのときに流れる大江千里さんの『格好悪いふられ方』。



これがとくにツボ!!!





そして私のお気に入りのキャラクターが『るみ子』さん。

清楚で素朴な年上OLなんですけどね、
1人カラオケが趣味でB’zとか歌ちゃうんです( ´艸`)

恋にいきなり飛び込んで、主人公の幸世にフられながらも
「私重いかな・・?」とか
「直すからちゃんと言ってよ~・・・!」とか
「もうB’zとか歌わないから~~・・・!」とか言って
幸世に縋り付いて泣くシーンが大好きです!!



女性のダメなところなんでしょうけど、なんか共感できちゃって笑えたり・・・。



幸世の本音がイタイほど全面的に出ていて、いや、ホント、イタイ感も満載。

多分劇場内で私が一番楽しんでただろうなってぐらい、
幸世のイタサに(あちゃー!!)ってなったり
心の中で爆笑してたりしてました。



でも、ラストの『今夜はブギー・バッグ/スチャダラパーfeat.小沢健二』は身にしみましたよ!

コンピアルバムとか出るなら欲しいな♪





なんか人生もっと楽しまんとなあ~~って思えます( ゚ 3゚)





興味がある方は是非見てみて下さい(≧▽≦*)
ハマる方はハマるはず!!

こんにちは!



ヤサカ小町です(*’-’)



先日、乙訓店に取材に行ったときに、女子スタッフの乾さんからプレゼントを頂きました☆



かわいいかわいい観葉植物です♪

めっちゃ嬉しい(*´∇`*)






家には先代の観葉植物が居たんですけどね、いつのまにか枯れてまして、そんな話を乾さんが覚えててくれたみたい!

気が利く女子ですわ(≧▽≦)
ほれてまうやろ(ノ∇≦*)



先代の前に、というかかなり前。初代の観葉植物は、極めて簡単に世話が出来るサボテンでした。

1年ぐらいで枯れました。



なんだか才能さえ感じてしまった瞬間でした。



本サイトのブログの十条店ニュースで、毎週お花を紹介して下さっている長谷川さんもおっしゃっていましたが、植物は人間にエネルギーを与えてくれるらしいですからね!
なので、人が元気だと植物も元気に、人が元気がないと植物も自分の力を与えようと頑張って元気がなくなっていく・・・という話を私も聞いたことがあります。

確かに。

心当たりがありまくる笑。



でもでも、乾さんに頂いたこちらは大丈夫っ!!!




彼女に似てめっちゃ気が利くの(*≧m≦*)

お水が乾いたらこの線までいれて下さいってご案内付き。





これ枯らしたら、もう観葉植物と生きていくことを諦めようと思います。

こんにちは!



ヤサカ小町です(*’-')





夏の思い出とか言って、結局グルメレポートです。

今年の夏の思い出メニューです♪





【清水道・具だくさんの京野菜カレーうどん】




東大路通り、五条通りと松原の間ぐらいにあるうどん屋さん『京・清水しげもり』。



うどんはこの盛りだくさんの野菜の下に隠れています。この京野菜カレーうどんは夏限定だと思いますが、カレー肉うどんが元々お店の名物らしく、店内にこれでもかってほど『NHKで紹介されました!』と張り紙してありました(>▽<)

友人と二人、お腹ぺこぺこで歩いていたところ、店頭で呼びこみをしておられたご主人に見事に誘導されて入店。このご主人がとにかくいい方で(・∀・)どのテーブルにも一言かけられて、観光客の方には地図をお渡しして周辺案内までしておられました

私たちには注文したうどんが届くまでの間にどうぞ、とおつまみをサービスして下さいました。(多分二人とも一緒にビールを頼んでいたため。笑)

お店を出るときにも店頭まで出て送って下さいました。

清水の近くですから、訪れるのは観光客の方がほとんどだと思います。一見さんであろうともサービスに気を抜かない、というか京都で良い思い出をつくって頂きたいという思いが伝わってくるような、おもてなしの心を感じましたぞ(*`д´)良いお店です♪

あ、味の方もばっちりですよ!
カレーうどんってもっとサラサラしているかと思ったのですが、こちらのはがっつり『カレー』です。私はそのほうが好きなので( ´艸`)
ボリュームも多いのでかなりの満足感があります。

『閻魔さんカレー肉うどん』ってのもあるらしく、閻魔さん地獄食べラー油が添えられているみたい。とにかく辛そう!是非今度食べてみたいです。



『京・清水しげもり』さんはこちら







【どんぐり橋・納涼床で頂く旬料理】




四条木屋町を下がってどんぐり橋の手前にある『まんざら亭・団栗店』。

納涼床と言えば私はよくこちらを使わせて頂いてます。
先斗町よりも四条下がった方が落ち着いている気がするというか、人混みを避けたいというのもありつつ。
テーブルとイスなのも良いです。床だと、特に週末なんかはお料理のコースが決まっているところが多いと思うのですが、こちらは好きなモノを一品づつ頼めますし(ΦωΦ)

↑は秋口に訪れた際に頂いた、炙り秋刀魚に梅と大根おろしがのっかている、見るからにおいし~一品です!

床席使いでなくとも、2階席なども落ち着いた雰囲気で良いですよ。



私自身、学生時代に木屋町の居酒屋でアルバイトをしていて、そこと平行して先斗町で納涼床でもホールスタッフをしたことがありました。どちらも旬の食材を使った京風料理が多く、新しいメニューが出ると食べてみたくてたまらなかった記憶があります´3`)
どちらのお店も今はなくなっちゃったのですが・・・。

土瓶蒸しが恋しい・・・。



余談でした。
まんざら亭は木屋町や先斗町、烏丸方面にもあるお店です。
宜しければ一度お試し下さい♪



『まんざら亭・団栗店』はこちら

こんにちはヽ( ゚ 3゚)ノ

ヤサカ小町です。







今日は女性におススメのアイテムをご紹介。

珍しいネイルです。



先日からの『友人と京都巡り』ネタで、清水寺に向かう坂の途中のお店で見つけました。






京の老舗の絵の具店『上羽絵惣』さんの胡粉ネイルです。

『無臭でアルコールで落とせる除光液いらずのマニュキュア』とのこと。



胡粉とはホタテの貝殻で、日本画の重要な白い絵の具。

有機溶剤を一切使っておらず、ホタテの貝殻に含まれる真珠層が爪に美しい発光性を与えるのだとか。







それを知ったのは後の話で、色にひと目惚れして購入しました(>▽<)

写真のは『鶯緑(うぐいすみどり)』と『水浅黄(みずあさぎ)』。





ひと塗りで抜群の発色ですよ!

仕上がりがマットなうえ、剥がれやすいのでトップコートは必須。

でもすぐに乾きます。





あんまりネイルについては詳しくないのですが、爪に優しいとなると安心ですよね。

ペディキュアなんか結構放置しちゃいますし(^^;





色の種類も豊富だし、どれもめっちゃ可愛くって、絞り込むのが大変でした!

友人と二人、20分ぐらい本気でがっついてましたから(*`▽´*)





結構色んなところで販売しているみたいですよ。



お気に入りの色を探してみては・・・↓

上羽絵惣さんはこちら!

- - -

- - - - -