ページの先頭です。

本文へ

ネッツヤサカのブログどすえ

ネッツトヨタヤサカのいろんな活動を配信中!

業務課の伊藤です。



先日、以前から行きたいと思いながら、なかなか行けなかった場所へと行ってまいりました。

4年前の3月11日、東日本大震災で大きな被害を受けた地域
宮城県の南三陸町・名取市・岩沼市・仙台市へ・・・

京都から夜行バスで仙台へ行き、そこからレンタカーを借りて先ずは南三陸町へと向かいました。



D71_3028
町役場に隣接して建っていた防災対策庁舎
多くを飲み込んでいった津波は、屋上の2m上までに達していたそうです。

D71_3030
現在も献花台が設置されており、県外からも多くの人が訪れておられました。

D71_3031
被害を受けた建物で未だに残っている建物は多くありませんが、当時の被害の大きさを知る事が出来ました。

D71_3057
この上に鉄道が走っていましたが、駅舎も流されてしまい住んでおられる方の大事な交通手段も失われてしまいました。

D71_3060
高台から見た南三陸町。
何もない田舎の風景の様に見えますが、被災前には病院がありましたし多くの町民の方の住宅がありました。

D71_3061
防災対策庁舎越しに見る南三陸町の海
少し波はありましたが穏やかな海でした。

D71_3053
南三陸町で多く見られたのが通行止めの案内。
ナビゲーションで「この信号を右です」と案内されるも信号がなくなっていたり「次を左折です」と言われた場所に左折出来る道がなかったり、片側1車線の道路を通るクルマで多かったのが土砂などを運んでいるダンプカーだったり・・・
道路状況も含めて大変な状況が街にありました。

D71_3035
交通については、JR気仙沼線に代わりBRT(バス高速輸送システム)が整備されていました。

D71_3036 D71_3037 D71_3039
復興を担う地元事業者が軒を連ねた仮設商店街「南三陸さんさん商店街」
飲食店やお土産屋さんだけでなく、理髪店や電気屋さんもあります。

D71_3040 D71_3041
地元の方が4年間の支援の感謝を書き記したメッセージ

D71_3042 IMG_5957 IMG_5960
お昼ご飯に、復興を願って作られた「南三陸キラキラ丼」をいただきました。
季節によって提供される丼は違うんですが、春は「春つげ丼」という南三陸産の春野菜と旬の海産物をたっぷり使った丼でした。



翌日、先ずは名取市の閖上(ゆりあげ)地区へ

D71_3091 D71_3093
ここには震災で亡くなった方を悼み、教訓を後世に伝えるために建てられた慰霊碑があります。

D71_3159
この慰霊碑の高さが、震災時の津波の高さ8.4m
こんなにも高い津波が襲い掛かってきたんですよね。。。

D71_3096
一時は大阪の天保山に次いで2番目に低いとされた標高6mだった「日和山」
震災の影響で一時は山自体が消滅したと言われていましたが、標高3mの山として認定され天保山を抜いて日本一低い山に返り咲いたんだそうです。

D71_3098
津波で流されてしまった神社も再建されました。

D71_3105
日和山から見た地区の景色
ここも南三陸町と同じで何もない田舎の風景の様に見えましたが、家の基礎部分が残されているので沢山の住宅があった事は想像できます。

D71_3128 D71_3119 D71_3120 D71_3121 D71_3123 D71_3125
家があったであろう場所に遺留品が置かれていました。
そしてみんなを勇気付けるメッセージや亡くなった方への献花も・・・

D71_3148 D71_3147
家やビルだけでなく、こんな柱や橋も倒壊してしまってます。

D71_3145 D71_3132 D71_3144
この日は日曜日でしたので「ゆりあげ港朝市」が開催されており、購入した海鮮を網焼きして食べる場所も用意されておりました。

D71_3140
閖上の海は静かでキラキラしていました。

D71_3160 D71_3164
閖上地区から少し離れた美田園地区に復興を願ってオープンした「閖上さいかい市場」へ

D71_3161 IMG_5970
イクラがたっぷり乗った「はらこめし」が食べたかったんですけど残念ながら完売。。。
高級寿司店が絶賛する閖上産赤貝に生うに、生ホタテという最強丼「閖上三色丼」をいただきました。



D71_3167
そして仙台空港のそばにある岩沼市の「千年希望の丘」へ

D71_3175 D71_3176
千年先まで今回の被害を伝え、未来の命を守るために震災廃棄物を再生利用して作られた丘

D71_3180
一帯が津波からの避難場所として、災害教育の場として、海を眺めながら散策できる場所として現在も整備が進められています。

D71_3173
災害前の一帯の集落を印したデザインになっているとの事です。

D71_3186
高さ10mの丘に避難した3人が8mの津波から浸水を免れたことから、命を守る丘を作ったそうです。

D71_3183 D71_3188 D71_3197 D71_3198 D71_3202 D71_3204 D71_3206 D71_3217 D71_3221 D71_3224
被害を受けて残っている建物などがそのまま保存されており、以前の街並みがイラストで描かれています。

D71_3216 D71_3212
震災慰霊碑があり、高さは震災時の津波と同じ8m



この後、仙台市へ戻って新幹線で京都へ戻ってきました。


4年経った今、震災に関する報道は福島原発に関する事ばかりな気がします。
勿論、そのニュースも大切です。
関西だけなのかも知れませんが、3月11日に震災に関する特集もニュース番組内で特集を組んでいただけな気がしましたし、正直なところ風化しているのかなっていう思いになりました。

先日私の誕生日があり、休暇をもらっていましたので、このタイミングでどうしても現状を見ておきたいと思い、急遽行く事を決めました。
自分が生まれた日に沢山の命を奪った海を見ようと・・・
今日を生きられなかった人達にその人達の分まで精一杯生きていくという思いを伝えようと宮城県へ行った次第です。


行ってみて思ったことは

先進技術を駆使して4年経った今でもこの程度しか復興していないのか・・・
もっともっと支援が必要なんだと・・・


そして

被災地と呼ばれる場所で生活している人や動物や植物は、前を向いて一生懸命生きようと頑張ってらっしゃるんだなと・・・


ホントに行ってよかったって思ってます。

感じる事、伝わってなかった事が沢山ありました。
現地の語り部の話を聞いて分かった事が沢山あります。
それをこうして伝える事も大切な事だと思えます。
小さな支援かも知れません。
被災地で使ったお金も微々たる金額です。
人によっては「ただの野次馬やないか!」「偽善者や!」と思われる方も居るかもしれません。

ただ・・・
タレントのどなたかが仰っていましたけど
「微力は無力ではない!」
小さな力が沢山集まれば大きな力となります。


長々と書きましたが最後に私からのお願いです。

同じ時代にこの世へ生まれてきた仲間の為に、ホンのちょっとでいいので力を貸してあげてください。


D71_3194
宮城県は、長かった冬が終わろうとしスグそこまで春はやってきていました。

d_15031801 去る3/18(水)、暖かい春の陽光の吉祥院球場にて、D’sリーグ2015が開幕!今シーズンの行方を占う大切な初戦の相手はネッツ京華です。
先攻はネッツヤサカ。先頭バッターの大塚さんがフォアボールで出塁すると、早くもヤサカ打線が爆発します。

 

d_15031802 続く続くヒットの猛攻!荒井さんのスリーベースヒットも飛び出し、初回で一挙11点を先制!

 

d_15031803 開幕投手に抜擢されたのは、ヤサカのメッセンジャーこと中谷さん。先頭バッターを三振に取るも連続フォアボール。満塁のピンチに味方エラーで1点を返されますが、大幅に引き離した点差はそう簡単に縮まりません!

 

d_15031807 キャッチャー出口さんと息の合ったバッテリーで二回は三者凡退に抑えます。

 

d_15031804 三回表、またも火を噴くヤサカ打線!

 

d_15031805 あれよあれよと15点を追加。今年のヤサカも強い強い!

 

d_15031806 三回裏、ピッチャーは中谷さんから森さんへ。安定のピッチングは今期も健在。テンポの良い投球で相手打線をピシャリと抑えます。

 

d_15031808 四回表、飛び出したのは福井さんのソロホームラン!もちろん今期一号目!追い打ちをかけるトドメの1点を追加します。

 

d_15031809 その裏を難なく抑え、試合終了。幸先の良いスタートに喜びの表情を浮べるナイン。本日はチームとしてはもちろん、個人成績にも各々満足の様子です♪

 

d_15031810 この試合7打点を挙げた荒井さん。持ち前の俊足で2度のスリーベースヒットを見せてくれました!

 

d_15031811 初戦からハイペースで盗塁を決めたのは大塚さんと出口さん。その数大塚さんが4つ、出口さんが3つです。

 

d_15031812 そして本日の大勝を象徴する特大ホームランを放った福井さん。今期はホームラン王なるか!?
次回からの活躍も期待しています!

 

 

20150318-title20150318-scor