ページの先頭です。

本文へ

ネッツヤサカのブログどすえ

ネッツトヨタヤサカのいろんな活動を配信中!

service180407_01
4/7(土)、トヨタ自動車株式会社・多治見サービスセンターにて全国ネッツ サービス技術コンクールが開催。地区大会を勝ち抜いた計32チームの選手が集結し、サービス技術を競い合います。
(※地区大会の様子はこちら

 

service180407_02
緊張感高まる開会式会場、選手代表挨拶を務めたのはネッツトヨタ道都の選手。狭川さん・竹本さんの表情からも気合いが伝わってきます!

 

service180407_03
競技は午前・午後の2グループに分かれて実施され、ネッツヤサカは午前の部に出場。
「がんばるぞ!」
意気込みとともに競技会場へと入場します。

 

service180407_04
本社、店舗、そしてご家族に見守られての競技。見知った顔ぶれに安堵の表情を浮かべるお二人。

 

service180407_05
いよいよ競技スタート!制限時間は75分。まずはご用命事項の確認から。競技問題は、
①『ハイブリッドシステム故障』と表示される
②READY ONできなかった
③あんしん10検
の3つ。お客様とともに丁寧に問診を行っていきます。

 

service180407_06
項目がクリアされたことを表す花が貼られると、客席からは拍手が湧きます。

 

service180407_08
各レーンに用意されたスクリーンでは車内での作業の様子や応援者へ向けた競技の解説が映し出され、臨場感たっぷり。

 

service180407_09
競技開始から約40分、2つ目の項目を完了するとその後順調にご用命をクリア。途中、部品の取り外しに苦労している様子が見られながらも声を掛け合い、チームワークの良さを発揮しながら作業を進めていきます。

 

service180407_10
最後はお客様へ引渡し。時間いっぱいまで使い、なんとか時間内に説明を終えてのタイムアップ。一項目のみ空欄となりましたが、全項目クリアのチームは少数。まだまだ可能性は残されています!

 

service180407_11
午後の部の競技が終わり、いよいよ待ちに待った表彰式。安全賞、優秀賞から表彰が始まります。ここでは名前が挙がらず、続くは上位3チームの発表。

 

service180407_12
栄えある第30回大会優勝に輝いたのは……ネッツトヨタ東海さん!準優勝にネッツトヨタ中部さん、3位にネッツトヨタ山形さんという結果となりました。
会場からは暖かい拍手が送られ、各チーム表彰台で喜びを噛みしめます。

 

service180407_13
ネッツヤサカは残念ながら上位入賞は逃しましたが、最後まで粘り強く競技に取り組むお二人の姿勢、健闘ぶりに胸を熱くさせられました。

 

service180407_14
最後は応援メッセージのつまった横断幕とともに、全員で記念撮影。

またこの日の応援には今年度入社のスタッフも。先輩お二人が頑張る姿、大会ならではの熱い雰囲気に“自分も選手になってこの場に立ちたい”、“また応援したい”と感じ、今後のサービス技術の更なる向上とネッツヤサカの発展へ繋がる経験となってくれることでしょう!

竹本さん・狭川さん、本当に本当にお疲れ様でした!

コメント/トラックバック